五所川原こども園 宗教法人 日本基督教団五所川原教会 Tel.0173-34-2654
青森県五所川原市大字姥萢字船橋52-214 

gnavi_01_off.pnggnavi_01_off.pnggnavi_02_off.pnggnavi_02_off.pnggnavi_03_off.pnggnavi_03_off.pnggnavi_04_off.pnggnavi_04_off.pnggnavi_05_off.pnggnavi_05_off.pnggnavi_06_off.pnggnavi_06_off.pnggnavi_07_off.pnggnavi_07_off.pnggnavi_11_off.pnggnavi_11_off.pnggnavi_09_off.pnggnavi_09_off.png

title_about.png


保育園名 五所川原こども園
園 長 多勢 眞
設置者名 宗教法人 日本基督教団五所川原教会
設置年月日 昭和23年6月30日(法による認可)
所在地 五所川原市大字姥萢字船橋52番地
電 話 0173-34-2654
FAX 0173-34-3044

enchoaisatsu.png

 1941年開園以来、私たちは建学の精神であるキリスト教精神に基づいた保育を大切にしつつ、保育、保育環境を進化させてきました。2015年4月、子ども子育て新制度のスタートと共に、保育所型認定こども園として、教育・保育の両方の機能を持つ施設としての歩みが始まりました。

 目に見える子どもの能力とその獲得・達成度、あるいは目の前の社会的ニーズに応えることに終始するのではなく、子どもたちの生き生きとした姿、目の輝きやその強さから、子どもがしっかりと信頼と喜びをもって、生きる希望を培っているかどうか、子どもの内側に積み上がっているものへ目を凝らし、それを保護者、社会に発信できたらと願っています。子どもが人として育つということは、大人の眼差しに叶うことだけではないということを覚えて頂きたいものです。子どもの内面、人格といった見えないものの確かな育ちに目を注ぎ、受容し、確認し、共に喜ぶ温かな保育的関係を大切にしていきたいと思います。大人のニーズをくすぐるような保育は出来ません。

 私たちは「子どもが育つ」ことに対して深い感動を持つことが出来るような保育を目指していきます。諸能力が身に付き、色々なことが目に見えて出来るようになることよりも、そのことが子ども自身の喜びや自信となり、自分と人のためにその力を使おうとしているかどうか、出来ないことがあっても良い、出来ないことは素直に認めて人の力を借りて取り組もうとしているか、感謝したり協力し合う気持ちが育っているかどうか、人のことを思いやる気持ちが育っているかどうかと、目を凝らしていきたいと考えています。これらの「気持ち」が育ってこそ、諸能力がつなぎ合わされ、人の中で生かされてゆく能力になっていくのです。

 「共に生きる」世界はわからない事も多いが、人間の存在と発達に関わる深い意味をもち、それをもちこたえながら一人ひとりの育ちにかかわり続ける温かい世界です。そのことを誰の心にも蠢く「真情」として信じて社会に発信し、神さまの「偉きな力」と子どもの「偉きな力」に謙虚な目を注ぐ保育を求めたいと思います。

 いのちを与えられ、かけがえのない存在としての子どもたちが育つための配慮は、神さまから与えられた大切な役目であり、働きだと考えております。チャンスがあれば、どんどん活用し、様々な体験や経験を通して、何でも吸収できるスポンジのような、この乳幼児期にあって、将来に向かって育っていくための生きる力を育むための配慮をしていきたいと考えております。「子どもたちの笑顔のために」励んでまいります。

 協力し合いながら、保育者も保護者も子どもたちのより良い育ちのために、共に歩んでまいりましょう。

五所川原保育園を外側から見ますと、東の上部には、緑色の壁に3匹の羊をまん中にし、左右それぞれ8本の野の花が描かれています。3匹の羊は、子羊を真中とする父羊と母羊ですが、保育園の子どもと父と母、また、イエスと父ヨセフと母マリアを意味しています。
洗礼者ヨハネはイエスを見て、「見よ、世の罪を取り除く神の子羊」と言いました。(ヨハネ福音書1章29節)
3匹の羊の左右に、第1に近くそれぞれ2本の「たんぽぽ」、第2近く「すみれ」、第3近く「ちゅうりっぷ」、第4遠くにひまわりが咲いています。春から夏へと咲き出す野の花は、私たちの保育園の成長した子どもたちを4つに分けた組を意味しています。
イエスは野の花について、「栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった」と言われました。(マタイ福音書6章29節)

about_ensya1.jpg
▲園舎東側上部



園庭から保育園の南側の上部を見ると、青色の壁に時計を中心に、左右にそれぞれ飛んでいる五羽の白い鳩が描かれています。とくに左端と右端の鳩が、くちばしに緑の葉をくわえています。これは、創世記に書かれている洪水の時に、神の約束を信じて箱舟に入って耐えていたノアのもとへ、ついに「鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえて」(創世記8章11節)帰ってきた(水が地上から引いた希望のしるしとして)ことを示しています。鳩は、苦しみを耐えて飛んで行く希望の光である子どもたちです。

about_ensya2.jpg
▲園舎南側上部

(1) 構造 鉄骨造平屋建
(2) 敷地面積 1830.91㎡(そのうち屋外遊技場 678.83㎡)
(3) 建築面積 746.68㎡
(4) 室内一覧

室名 室数 室名 室数
乳児室 1 医務室 1
保育室 3 沐浴室 1
遊戯室 1 調理室(乳) 1
調理室 1 食品室 1
事務室 1
保育室1(ひまわり)5〜4歳児
保育室2(ちゅうりっぷ)3歳児
保育室3(すみれ)1〜2歳児
乳児室(たんぽぽ)0〜1歳児

shisetsu_re.png

(1) 利用定員 75名(1号15名、2・3号60名)
(2) 職員状況 17名(保育士 13名)
(3) 職員一覧

職 名 人 数
園長 1名
主任保育士 1名
保育士 9名
職 名 人 数
延長保育 1名
調理士
(保育士)
1名
調理員 1名
事務員
(調理士)
1名
臨時職員
(保育士)
1名

(1) 日曜・祝祭日の保育実施…無
(2) バス送迎の実施……………無